ナルホド事始メ|鎌倉市公式

鎌倉市公式ノートです。市民のみなさんに「なるほど、そういうことだったのか」と思ってもらい、一緒に鎌倉の「コト」を考えていきたい。そんな思いで名前を付けました。「ナルホド事始メ」=「ナルコト」をよろしくお願いします。

ナルホド事始メ|鎌倉市公式

鎌倉市公式ノートです。市民のみなさんに「なるほど、そういうことだったのか」と思ってもらい、一緒に鎌倉の「コト」を考えていきたい。そんな思いで名前を付けました。「ナルホド事始メ」=「ナルコト」をよろしくお願いします。

マガジン

  • ミヅキカマクラプロジェクト

    このマガジンでは、ミヅキカマクラプロジェクト、鎌倉の漁師さんのお仕事・活動などを発信していきます♪ 水産業は、新鮮な地場の魚介類の提供だけでなく、子どもたちの学びの場、伝統文化の継承、海洋資源の保全など、多面的な機能を発揮しています。こうした市民生活を豊かにする資産を未来へ引き継ぐため、まちの漁を絶やさないために、海からマナブ・ツドウ・トルの場所づくりを進めています。

  • スマートシティプロジェクト

    「スマートシティ」って知っていますか?このマガジンでは、鎌倉のスマートシティの取り組みを発信していきます!

  • そらうみまちきれい

    このマガジンでは、鎌倉のまちの環境の取組と、おうちで役立つ豆知識をお届けします♪

  • おさかな旬報

    住んでいても意外と知らない、鎌倉で獲れる旬の魚介類情報をお届け♪ 漁業風景なども織り交ぜながらお届けしていきます。

リンク

ミヅキカマクラプロジェクト

このマガジンでは、ミヅキカマクラプロジェクト、鎌倉の漁師さんのお仕事・活動などを発信していきます♪ 水産業は、新鮮な地場の魚介類の提供だけでなく、子どもたちの学びの場、伝統文化の継承、海洋資源の保全など、多面的な機能を発揮しています。こうした市民生活を豊かにする資産を未来へ引き継ぐため、まちの漁を絶やさないために、海からマナブ・ツドウ・トルの場所づくりを進めています。

すべて見る

新造船の初お披露目!

こんにちは、農水課の水産スタッフです。 鎌倉漁協の漁師さんが船を新しくしたとのことで、進水式に行ってきました! 進水式とは、海に浮かべてみんなに新船を披露する式典のことです。当日は新船をお披露目するには打って付けの晴天、漁師さんたちなど船に関わる人が多く集まりました。 今回は、大盛況の進水式の一部をご紹介します。 新造船「三郎丸」のお披露目 新造したのは、鎌倉地域のシラスを獲る鎌倉漁協の原 実さんの船「三郎丸」です。造船所の愛知県から坂ノ下に来たそうで、祝い旗として送

スキ
5

鎌倉漁協の組合長さんにインタビュー!!

こんにちは広報課 広報戦略ディレクターの林です。 さて、鎌倉地域で「海からマナブ・ツドウ・トルの拠点になる漁業支援施設づくりや関連する活動」を進めていることをミヅキカマクラプロジェクトとして紹介しました。 漁業がいかにまちに関わってきたか(前編) 漁業がいかにまちに関わってきたか(後編) これから、その鎌倉地域を拠点に漁業を営んでいる方々を、「漁師の横顔」として紹介してまいります。まちの漁師さんのことを知ってもらうと同時に、「わがまちの海」に興味関心をもってもらう機会に

スキ
7

3年ぶりの開催!鎌倉漁協の朝市

新鮮な魚を求める住民の方々で大にぎわい こんにちは、広報戦略ディレクターの林マサツグです。今回は、鎌倉漁業協同組合の朝市についてご紹介します。 6月5日(日)に朝市が3年ぶりに開催されました。『鎌倉漁協 朝市』は、毎月第1日曜日(1月〜3月、8・9月はお休み)に開催、新鮮な魚介類などを直売しています。 さて、朝市の当日、魚介類の販売は10時からということで、10時少し前には朝市が開催されている鎌倉パークホテルの駐車場に到着しました。すでに、自転車や徒歩でいらっしゃった地

スキ
22

ミヅキカマクラプロジェクト~漁業支援施設のイメージ

こんにちは、農水課の水産スタッフです。 これまで5回のシリーズにわたり、「なぜ、鎌倉に漁業支援施設が必要なのか?」について説明してきました。 今回はシリーズの締めくくりとして、施設の具体的な構想について探っていきます。 施設を整備する理由 漁師さんや障害者の方々の「就業」、マリンスポーツや散策などの「レジャー」、お祭りなど伝統行事の開催を通じた「地域交流」――。鎌倉の海は市民にとってさまざまな役割を果たしています。これまでに説明してきたように、こうした活動を「より安全

スキ
9

スマートシティプロジェクト

「スマートシティ」って知っていますか?このマガジンでは、鎌倉のスマートシティの取り組みを発信していきます!

すべて見る

江ノ電開業120周年、移動の価値を再定義する!~スマートシティの思考で地域課題と向き合う~

こんにちは、鎌倉市政策創造課スマートシティ担当の勝です。 このマガジンでは、「スマートシティって何?」をテーマに、他自治体の事例や、本市の取組等についてお伝えしてきました。 「スマートシティ」というフレーズを聞くと、行政の取組でしょ?と思われているかもしれませんが、そんなことはありません。皆さんの身近なところでも、スマートシティは始まっているんです! 皆さんお馴染み、地元の交通事業者である江ノ電さんでは、スマートシティ的発想のもと、様々なプロジェクトを進めているそうです。

スキ
74

市民対話に参加された方に聞いてみました!「スマートシティってどう思う?」

はじめまして。鎌倉市政策創造課スマートシティ担当の勝と申します。 今回は、私、勝が鎌倉市のスマートシティの取組についてご紹介します。 先日、スマートシティ市民対話にご参加いただいた市民の方、地域課題の解決に取り組んでいる交通事業者さん、現在デジタル技術を活用した実証事業に参加している市職員の3者に、「スマートシティってどう思う?」をテーマにインタビューしましたので、これから3回にわたってその様子を投稿していきたいと思います。 1回目となる今回は、令和3年度に実施したスマー

スキ
17

【後編】市民が抱える課題を見える化!みんなで解決していく仕組みを4年間でインストール!

こんにちは、鎌倉市政策創造課スマートシティ担当の松村です。 前編では「鎌倉のスマートシティのこれまで」として、本格的に取組を開始してから構想を策定するまでの歩みについて、ご紹介していきました。 後編では、「鎌倉のスマートシティのこれから」について、ご紹介していきたいと思います。 今は鎌倉のスマートシティのインストール期(導入期)! 2022年3月に策定した「鎌倉市スマートシティ構想」をもとに、今後、具体的にどのような取組を進めていくのでしょうか? 構想を見てみると次の

スキ
22

【前編】2年間市民と共に考えて創ったスマートシティ構想!今後の取組とは?

こんにちは、鎌倉市政策創造課スマートシティ担当の松村です。 さて、第1回の投稿では「要するにスマートシティって何?」をテーマに、他の自治体の事例なども交えながらご紹介していきました。そして実は、鎌倉市でもスマートシティの取組が始まっていることも併せてご紹介しました。 今回は、鎌倉のスマートシティの取組について、現在を基点に2部に分け、前編で「鎌倉のスマートシティのこれまで」、後編で「鎌倉のスマートシティのこれから」についてご紹介していきたいと思います。 市民と共に理想のま

スキ
28

そらうみまちきれい

このマガジンでは、鎌倉のまちの環境の取組と、おうちで役立つ豆知識をお届けします♪

すべて見る

「再生可能エネルギー100%の電気」って?

こんにちは、市民ライターの田辺です。鎌倉市公式noteマガジン「そらうみまちきれい」では、鎌倉市の環境に関する取り組みについて紹介します。 御成町の中央図書館に行った時、こんなポスターを発見! 「再生可能エネルギー100%の電気」ってどういうもの?鎌倉市のホームページで調べてみました。 市の施設で使う電気の約3割を再生可能エネルギーで「再生可能エネルギー100%の電気」を使用している市の施設は、現在、鎌倉市役所本庁舎、各行政センター、市立の小中学校、福祉センター、体育館

スキ
14

これはごみ? いいえ、資源です! LINEで聞こう

こんにちは、市民ライターの田辺です。鎌倉市公式noteマガジン「そらうみまちきれい」では、鎌倉市の環境に関する取り組みについて紹介します。 部屋の片づけをしていたら、大量のCDやDVDが出てきました。 どのごみの日に出せばよいのか……、パッと思いつきません。それもそのはず、鎌倉市のごみ分別は、細かく分けると21種類もあるんです。 そんな時は「鎌倉ごみ調べ」! LINEを使ってCDの出し方や収集日を教えてくれますよ。 目次 細かすぎる鎌倉市のごみ分別、CDはいつ出せば?

スキ
26

細かすぎる!鎌倉市のごみ分別、その理由とは?

こんにちは、市民ライターの田辺です。 鎌倉市公式noteマガジン「そらうみまちきれい」では、鎌倉市の環境に関する取り組みについて紹介していきます! 他市から鎌倉市へ移ってきた方から「鎌倉市のごみ分別って、細かすぎませんか?」と驚かれました。長年住んでいると気づかないですが、言われてみればたしかに! 「今日は燃やすごみの日」「週イチのペットボトルの日」「月イチの製品プラスチックの日」など、毎朝ごみ出しのことを考えているかも。 どうしてごみの分別がこんなに細かいのか、鎌倉市

スキ
38

おさかな旬報

住んでいても意外と知らない、鎌倉で獲れる旬の魚介類情報をお届け♪ 漁業風景なども織り交ぜながらお届けしていきます。

すべて見る

春をつげる「かまくらワカメ」~鎌倉の海から旬をおとどけ~

こんにちは、市民ライターの原です。 はじまりました、鎌倉でとれる旬の魚介類情報をおとどけする「鎌倉おさかな旬報」note。 記念すべき第1回目は「ワカメ」!   早春の鎌倉の海辺で、ワカメを干している光景を目にしたことはありませんか? 実は、鎌倉の水揚げ量の大半を占めるのが、ワカメとシラスなのだそうです。漁師歴40年の大ベテラン、鎌倉漁業協同組合の木村組合長に、鎌倉のワカメ漁やおすすめの食べ方について教えていただきました。 ワカメ漁は春が最盛期!  まずは、ワカメ

スキ
74