ナルホド事始メ|鎌倉市公式

鎌倉市公式ノートです。市民のみなさんに「なるほど、そういうことだったのか」と思ってもら…

ナルホド事始メ|鎌倉市公式

鎌倉市公式ノートです。市民のみなさんに「なるほど、そういうことだったのか」と思ってもらい、一緒に鎌倉の「コト」を考えていきたい。そんな思いで名前を付けました。「ナルホド事始メ」=「ナルコト」をよろしくお願いします。

マガジン

  • スマートシティプロジェクト

    「スマートシティ」って知っていますか?このマガジンでは、鎌倉のスマートシティの取り組みを発信していきます!

  • 公共施設のあさって

    いまの延長ではなく、少し先、1.5歩先の未来から考えた公共施設のあり方について、市が目指す未来像をお伝えしていきます。

  • わがまち支える力持ち「ローカルアンカー」

    まちに活力をもたらすために、地域に愛を運び、愛でつなぐ人がいる。

  • ミヅキカマクラプロジェクト

    このマガジンでは、ミヅキカマクラプロジェクト、鎌倉の漁師さんのお仕事・活動などを発信していきます♪ 水産業は、新鮮な地場の魚介類の提供だけでなく、子どもたちの学びの場、伝統文化の継承、海洋資源の保全など、多面的な機能を発揮しています。こうした市民生活を豊かにする資産を未来へ引き継ぐため、まちの漁を絶やさないために、海からマナブ・ツドウ・トルの場所づくりを進めています。

  • そらうみまちきれい

    このマガジンでは、鎌倉のまちの環境の取組と、おうちで役立つ豆知識をお届けします♪

リンク

記事一覧

能登半島地震被災地支援~本市消防職員が土砂災害現場で救援活動「必ず助ける」

能登半島地震から2カ月近くが経過しました。水道が復旧した地域もありますが、いまだに断水の続く地域も多く、民間のボランティア活動がスタートしたばかりです。 わが国…

おウチの前でごみ出しピック~戸別収集ってどう思う?市民アンケート結果!

こんにちは。ごみ減量対策課の中澤です。 これまでの記事では、市で検討を進めている、ごみをおウチの前でピックする「ごみの戸別収集」について、導入を考える理由や、過…

能登半島地震被災地支援~本市消防職員が土砂災害現場で救援活動「必ず助ける」

能登半島地震被災地支援~本市消防職員が土砂災害現場で救援活動「必ず助ける」

能登半島地震から2カ月近くが経過しました。水道が復旧した地域もありますが、いまだに断水の続く地域も多く、民間のボランティア活動がスタートしたばかりです。

わが国では過去の災害対応を教訓に、「被災地」と「支援自治体」をつなぐ仕組みがあります。大きな災害が発生した場合、国(総務省)がつなぎ役となり、被災地と支援自治体(おもに県単位)が1対1のペアを組みます。そうすることで、被災地の負担を減らしつつ、

もっとみる
おウチの前でごみ出しピック~戸別収集ってどう思う?市民アンケート結果!

おウチの前でごみ出しピック~戸別収集ってどう思う?市民アンケート結果!

こんにちは。ごみ減量対策課の中澤です。

これまでの記事では、市で検討を進めている、ごみをおウチの前でピックする「ごみの戸別収集」について、導入を考える理由や、過去のモデル事業で戸別収集を経験した市民の方へインタビューをした内容などを通じて、戸別収集とはどのようなものか、導入するメリットやデメリットなどをお伝えしてきました。

今回は、2022年8月から2023年3月に実施した戸別収集に関するアン

もっとみる